犬にネギを与えるのは危険!中毒症状と対処法、誤食を防ぐ予防策を解説【獣医師監修】

犬にネギを与えるのは危険!中毒症状と対処法、誤食を防ぐ予防策を解説【獣医師監修】

ネギは犬に与えてはいけない食材という話を聞いたことがありますが、そもそもどうして犬はネギを食べることができないのでしょうか。そこで今回は獣医師の林美彩先生に教えていただいた、犬にネギを与えてはいけない理由や食べた場合に起こる症状、誤食時の対処法などについて解説します。

犬にネギを与えてはいけない理由は?

ネギや玉ねぎなどのネギ類には、アリルプロピルジスルフィドという成分が含まれています。人間が食べても問題ありませんが、犬が食べると体内に吸収されることで赤血球を破壊してしまう恐れがあり、貧血や死に至ることもあります。ネギを食べることで中毒症状を引き起こすことから、ネギは犬にとって危険な食材といわれています。

犬はネギを少量でも食べると危険!

犬にネギが危険な理由とは?中毒症状や誤食したときの対処法、食べないようにするための予防策などについて解説_くつろぐ犬犬がネギを食べた場合、体重1kgあたり510g食べると中毒を引き起こすといわれています。個体差もありますので、少量でも与えないほうが安心です。たとえネギを加熱処理したとしても、アリルプロピルジスルフィドは変性しないため、犬にネギを与えるのは控えたほうがいいでしょう。

犬に与えてはいけないネギの種類とは?

ネギといってもさまざまな種類があります。食事を手作りしてを与えている場合、以下の種類のものは犬の食事にいれないように注意が必要です。

 

・玉ねぎ

・長ネギ

・ニンニク

・ニラ

・分葱

・あさつき

・ラッキョウ など

もし犬がネギを食べてしまった場合、どんな症状が出るの?

犬にネギが危険な理由とは?中毒症状や誤食したときの対処法、食べないようにするための予防策などについて解説_くつろぐ犬犬がネギ類を食べた場合、以下のような症状が出ることがあります。

 

・元気がなくなる

・貧血

血便血尿

・食欲不振

下痢嘔吐

・呼吸困難

・痙攣

・肝臓や脾臓の腫大 など

 

血尿や貧血症状はネギの中毒症状としてよく出る症状です。食後すぐに出るのではなく、数日後に中毒症状が出ることがあるため、いつもとは違う様子に気付いたら、すぐに動物病院を受診しましょう。たとえネギを食べた直後に元気であっても、油断はできません。

犬がネギを誤飲してしまった場合の対処法は?

犬がネギを食べたことにすぐに気付いた場合、まだ口の中にあって取り除けるものは出来る限り取り除きます。食べて時間が経っていないようであれば、病院で催吐処置を行ってもらいましょう。もし、ネギを食べて時間が経っているときは食べた量を確認し、動物病院を受診してください。自宅で無理やり吐かせようとすると、窒息や誤嚥性肺炎を起こす危険があるのでやめましょう。

犬がネギ中毒になった場合の治療法は?

犬にネギが危険な理由とは?中毒症状や誤食したときの対処法、食べないようにするための予防策などについて解説_ネギ犬がネギを食べてしまったことが分かったら、すぐに動物病院へ連れていきましょう。食べてすぐであれば催吐処置で吐かせます。もし、食べてしばらく時間が経ってしまっているようであれば、貧血の治療や点滴、吸着剤として炭を服用させることもあります。重度の貧血が見られる場合には、輸血や酸素吸入を行います。

見た目ではわからない!実はネギが含まれている食品や料理に注意して!

「ネギは食べさせてないから大丈夫…」と思っていても、実はネギが含まれている食品はたくさんあります。カレーのルーやドレッシング、ケチャップやソースなどの調味料、総菜パン、ハンバーグ、野菜ジュースなど、ネギを使っている加工品にも注意が必要です。ネギを煮た味噌汁やスープ、鍋物なども絶対に犬に与えてはいけません。加工品を犬に与えるときは事前に含まれている原材料を確認するようにしましょう。

 

ネギが含まれている食品・料理

 

・カレーのルー

・ドレッシング

・ケチャップやソースなどの調味料

・惣菜パン

・ハンバーグ

・味噌汁

・スープ

・鍋物

犬がネギを誤食するのを防ぐには?

犬にネギが危険な理由とは?中毒症状や誤食したときの対処法、食べないようにするための予防策などについて解説_ボウルの横で寝そべる犬犬を飼っている場合はネギの取り扱いに注意が必要です。犬から届くような場所にネギを置かないように気をつけましょう。台所でネギを調理する場合は床に落ちたネギを犬が食べてしまわないように、台所に入ってこないように工夫することが大切です。また、ネギを触ったあとは手をしっかりと洗ってから犬と触れ合うようにしましょう。

 

その他には、散歩コースにネギ畑などがあると犬が口にしてしまう可能性があるため、注意が必要です。犬の口にネギが入らないよう、散歩中も室内でもネギ類が犬の近くにないか周囲をしっかりと確認するようにしましょう。


第2稿:2021年3月11日更新
初稿:2021年2月11日公開

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/林美彩先生(獣医師)

chicoどうぶつ診療所所長。大学卒業後、動物病院やサプリメント会社勤務を経て、体に優しい治療法や家庭でできるケアを広めるため、2018年に往診・カウンセリング専門動物病院「chicoどうぶつ診療所」を開設。著書に「獣医師が考案した長生き犬ごはん」(世界文化社)。

監修者の他の記事一覧

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE